NMNとNAD

NMNは前述のとおり、ビタミンB3由来の物質ですが、体内で物質変換により吸収しやすくされ、身体の機能を保つのに必要なNADという物質に変換されます。多くの生き物が、体内にこのニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを持ちますが、この成分が老化を抑えるのではないかということが論文で発表されて以来、医学界はもちろんのことあらゆる分野で、このNMNがもてはやされ各地でさらなる研究がなされる事となりました。

サプリNMNは、最終的にNADという物質に変換され、体内に吸収されていきますが、NADとはニコチン酸アミド・アデニン・ジヌクレオチドの略称ということになります。この、ニコチン酸アミド・アデニン・ジヌクレオチドは、補酵素の一種となるもので、補酵素とは助酵素とも呼ばれ、栄養補助食品やサプリメントなどで知られるコエンザイムは、あまりにも有名でしょう

この補酵素は、有機化合物で単体で活躍する物質ではなく、酵素が触媒反応を行う際に必要とされる補助物質の一つなのです。つまり、酵素が体内で働くためには、この補酵素はなくてはならないものと言えるでしょう。この補酵素は、ビタミンB群に多く含まれており、人々が効率的に栄養を吸収するため、なくてはならない栄養素の一つです。